2018年4月24日

You are here:  / 求人代理店だからこそ持つ強みとそれを利用した営業

求人代理店だからこそ持つ強みとそれを利用した営業

求人広告代理店が持つ最大の強み

求人広告代理店は求人情報を掲載するインターネットサイトやフリーペーパー、雑誌などを運営している会社に代わって、広告を掲載する顧客を見つけることが第一の仕事です。顧客を見つけることから、実際に掲載するまでの広告内容の作成など一連の作業を担当することになります。代理店は複数の広告運営会社と代理店契約を結ぶことができるので、様々な求人広告を取り扱うことができるので、提案の幅が非常に広いといえるでしょう。

どんな提案を行なえるか

求人広告を取り扱う媒体ごとに特色があります。地域に根差していたり、若い世代が主に利用していたり、あるいは正社員やバイトなど雇用方法に特化していたり、業種や職種などの専門性を有していたりと様々です。営業をしていく中で、顧客にとってどの求人媒体を利用するのが最も効果的なのかを提案することができるので、広告の運営会社が自社の媒体しか提案できないのとは大きな差があります。つまりはより顧客の目線に立った営業を行なうことができるのです。

広告の内容をより充実させる

代理店の仕事は、掲載する広告の中身を作り上げることも含まれます。内容によっては応募の集まりやすさが大きく異なる場合もありますので注意が必要になるのですが、いかに優れた内容を作れるかというのは代理店の腕の見せ所になります。仮に優れた広告を作り出すことができれば期間が過ぎた後でも継続して広告を掲載し続けることがあるかもしれませんし、実績として積み上げることで新規の顧客を見つけやすくなるかもしれません。

代理店とは、メーカーや仕入先から受け入れた商品やサービスを顧客に販売し、販売手数料によって利益を得る店を言います。対して、特約店は、一旦購入した後で顧客に販売し、価格差で利益を得ます。